‘NPO法人設立情報’

一般的なNPO設立までの主な流れ

NPO法人設立の検討

愛知県では、事前にNPO法人設立申請に関する相談を事前予約制で受け付けていますので、ご利用されるとよいと思います。


 事前準備

・NPO法人設立認証申請に必要な情報を入手し、事前に準備をしていきます。
・NPO法人が設立されたら、事業を行うにあたって必要な許認可等を調べておきましょう。 (さらに…)

NPO法人設立の効果

今まで任意のボランティア団体として活動してきた任意団体が、特定非営利活動法人の法人格を取得すると次のようなメリットがあります。

・NPO法人設立のメリット

  1. 社会的信用が得られます。
  2. 会計書類など情報公開しなければならないので組織の基盤がしっかりします。
  3. 法人名で不動産登記、銀行口座、契約などもできます。

・NPO法人設立のデメリット

  1. NPO法人の運営や活動について情報公開しなければなりません。
  2. 県民税や市町村民税などの課税対象となるケースがあります。
  3. 法律に沿った法人運営をしなければなりません。
  4. 従業員を雇用する場合、社会保険や雇用保険などに加入しなければなりません。

NPO法人設立の認証について

NPO法人設立の認証については、特定非営利活動促進法に定められた設立要件に適合すると認められるときには、NPO法人設立認証しなければならないとされています。この確認方法も、実態調査ではなく書面審査によって行われることが原則となっています。

ですからNPO設立認証はそこまで難しいものではありません。
しかし、NPO設立認証がされたからといって、その団体の活動に「お墨付き」を与えられた訳ではなく、NPO法人の情報も公開されていく訳ですから、そのNPO法人が一般市民の方から信用されるよう、活動していかなければなりません。

役員と社員、職員の違い

役員(理事・監事)、社員、職員は、それぞれが別の意味を持つ法人の構成員ですが、
・役員とは、理事と監事のことを指します。役員は実質NPO法人の活動を執行していきます。
・社員とは、NPO法人の重要なことを決める社員総会の議決権を持つNPO法人の会員のことを指します。
・職員とは、法人の事務局職員などを指します。

また、役員、社員、職員はそれぞれ兼ねることもできますが、それをまとめると以下のようになります。

社員 役員(理事) 役員(監事) 職員
社員
役員(理事) ×
役員(監事) × ×
職員 ×

その他の事業とは

特定非営利活動法人は、特定非営利活動に係る事業に支障のない限り、当該特定非営利活動事業に係る事業以外の事業(これをその他の事業と言います。)を行うことができます。このその他の事業を行う場合に、収益が生じたときは、これを特定非営利活動事業に係る事業のために使用しなければなりません。

さらにその他の事業に関する会計は、特定非営利活動に係る事業に関する会計から区分して、特別会計として記帳していかなくてはなりません。

よくあるのが、特定非営利活動の継続のため、資金調達を目的とした事業や会員相互間の親交を図ることを目的とした事業がその他の事業として行われています。

愛知のNPO法人設立認証申請提出先

  • 受付窓口(担当課)
    愛知県県民生活部 社会推進課 NPO・ボランティアグループ
    住 所 〒461-0016 愛知県名古屋市東区上竪杉町1 ウィルあいち2階(あいちNPO交流プラザ内)
    電 話 052-961-8100  FAX 052-961-2315
    U R L  https://aichi-npo.jp/
  • 受付曜日
    火・水・木・土・日(曜日により受付時間は変わります。)
  • 受付は予約制
    NPO法人設立認証申請やNPO法人設立後の定款変更の認証申請などの受付や相談は事前予約制です。

 

Newer Entries »
Copyright(c) 2011 NPO法人設立専門事務所 行政書士那須法務事務所 All Rights Reserved.