NPO法人の名称

NPO法人の名称は、原則として自由に付けることができます。
一般的には事業の内容と一致しているか推測できる名称が多いですが、必ずしもそうでなければならない訳ではありません。
その名称には、特定非営利活動法人を前後に付けるのが一般的ですが、特に義務ではありません。

また、NPO法人の名称にはローマ字(大文字・小文字)、アラビア数字、「&」「’」「,(コンマ)」「-(ハイフン)」「.(ピリオド)」「・(中点)」なども使用することができます。
ただし、「&」や「’」、「,」「-」「.」「・」などは字句を区切る際の符号として使用する場合に限り使用することができます。
「.」については、省略を表すものとして名称の末尾に使用することができます。なお、NPO法人は、すでに認証されていたり、登記された法人と同じ名称であっても、たとえ同一所轄庁や同一市町村内であっても、認証や登記はできます。
一応、同一市町村内で同一営業のために他人の登記した名称と判別できないときであっても、その名称でNPO法人設立できますが、不正競争防止法などその他の法律上の問題もあるので、あまりおすすめはできません。

NPO法人認証申請前に類似商号の調査もしておくとよいでしょう。

Copyright(c) 2011 NPO法人設立専門事務所 行政書士那須法務事務所 All Rights Reserved.